台風21号すごかった!

台風21号はすごかった。

2018年9月4日午後12時頃に徳島県南部に上陸しました。

非常に強い勢力のまま上陸するのは1993年台風13号以来25年ぶり。

猛烈な風により被害が相次ぎ、屋根や看板が吹き飛ばされたり、学校の体育倉庫がバラバラになったり、強風により駐車場の砂利が飛んで車のフロントガラスが割れてしまったり、大きなトラックがひっくりかえったりという被害を聞きました。

山間部であるうちのところの被害は、なみ板トタンが強風で飛んだり、台風の吹き返しの突風でドアが壊れたり、設置してある蜜蜂の箱がぶっ飛んだり、桃の大木が根から倒れたりしました。幸いにも怪我をすることなかったので良かったです。

午前11時に停電して午後12時に上陸、午後3時には台風の風が北の風に変わってふきかえしがあり、台風は去っていきました。

山間部の停電はよく起こるので、少し慣れっこになっていますが、慣れてしまうのもあまりよくないですね(笑)。今回は7時間の停電でした。晩御飯の支度には間に合いましたので有難かったです。

 

台風が去った後、今までにない被害を受けているのに驚きました。

トタンの一部が飛んで空が見える。

 

ありゃ~桃の木が根っこからドーンと倒れました。これは人力ではもとに戻すことは不可能。どうしょう~

 

明日は、街で販売があるのでどうしても下山しなくてはならないので台風が去った後、夕方に道の点検に行きました。

谷は増水し、ゴォーゴォー、濁流!こわっ!

 

やはり、道の真ん中には枯れた松の木が倒れてきてました。

 

強風で杉葉や杉の枝の堆積が過去最高でした。車の底にひっかかるため除けるのにも大変でした。

 

これも凄かった~

あら~通れない。木が倒れてきてチェーンソーでカットしながら人力で木や枝を除けました。

山椒の木もまぎれこんでいたのでトゲがささり痛い思いをしながら何とか道の横へ木をのけることができ車が通れるようになりました。山間部は自分たちで出来ることはしなくては前には進みません。厳しい現実です。

 

自然は昔みたいに優しくないような気がします。9月にこんな勢力の強い台風や竜巻、命に関わるような猛暑も昔は無かったような強烈なやつがやってきます。

災害がおこると地球の生命を実感する。地球がおこっているのかなって考えさせられました。

災害は避けることは出来ませんが災害に対する防災対策を考えなくてはね。