山の栗、海の栗

今日は地元の人しか知らない川の河口へ潮干狩りに行って来ました。

いつも山の中で生活していますが、久しぶりの潮風!海!海は開放感がありますね。

今回はハマグリ採取!川の河口のぬまちにハマグリはいます。

海の栗

ただひとり、もくもくと砂をかきました。頭を空っぽにしてひたすらもくもくと掘っていく。気がつくと何をしているのかと思う事も・・・・・無念無双で砂を掘るわたし。

ところが、クワの先に「コツン」と貝の手ごたえを感じたとき一気に頭がこの世に帰ってきた感じになりました!あのハマグリを見つけたときはテンションもあがり、感動と嬉しさは格別!

海の栗、拾いました~その後再び無念無双で砂をかきました。

カニさん発見!

海の栗

 

ところでなんでハマグリって言うか知ってますか?

漢字で書いたら『浜栗』って書いて、ハマグリの形が栗に似ているし浜辺に生息しているからと教えてもらいました。

更に調べてみるとハマグリは日本書紀にも記述が見られるように古くから食糧とされていたらしいです。

本日の収穫 『海の栗』

海の栗

採ったハマグリはお吸い物でいただきました。あさりとは違った上品なうまみもあり、大きいから食べ応えがありました。

今日も自然の恵み『海の栗』いただきました。

秋には山の栗を拾いに行こう!お猿さんに見つけられる前に拾わなくてはね。