山間部で犬がマムシに噛まれた場合の対処方法

蒸し暑い時期にジメジメした杉林や藪の中へ入るとマムシにバッタリ遭遇したり、林道を走っていると道の真ん中にどくろを巻いたマムシに出会うこともあります。
マムシもこちらが攻撃しないかぎりすっと逃げていきます。

マムシ
先日近所の犬がマムシに顔をかまれてボテ腫れになっているのでどうしたら良いのかと飼い主のおばあさんから連絡がありました。
慌てて犬を見に行くと顔が腫れあがりアンパンマンのようにまん丸になってました。
山間部では犬がマムシに噛まれても近くに動物病院もありません。

どういうふうに対応したら良いのか?

幸いに丁度動物の専門家の方がおいでてくれたので教えてもらいました。

お話によりますと、顔面や脚をかまれたりしたり、よっぽどの小型犬でない限りさほど命には別状はない。とりあえず毒をしぼりだして冷やしながら水を飲ます。血清はうたなくても死なないそうです。かまれたところが化膿しないように化膿止めの塗り薬を塗るくらいのものです。五日か六日後には腫れもひいて、噛まれたところは穴が開いているそうです。

動物は人間と違って毒に強いんだなって思いました。

人間も動物もマムシにかまれて死ぬ場合とスズメバチに刺されて死ぬ場合とでは、はるかにスズメバチのほうが多いそうです。
動物はマムシにかまれても命には別状は無いですが見たことないぐらい腫れるので、飼い主さんは、ボテ腫れになっている顔をみると死ぬんじゃないのかと慌てる方が多いそうです。気になる方は動物病院へ行って対処してください。

今回は山間部で動物病院もなく交通手段もないところで飼い犬がマムシに噛まれたときの対処の方法を教えてもらいました。勉強になりました。

私はマムシ酒は飲まないけど、4~5年前に近くのお爺さんが作ったマムシ酒を今でも外用薬として重宝してます。

マムシ

私は過去に蜜蜂に刺されたとき蜂の針をとってから、毒を搾り出した後にマムシ酒をコットンにふくませて刺された患部にはりつけておくと、腫れませんでした。

蜜蜂に刺されたときは毎回マムシ酒をぬっていまぁす。アブや毒虫に噛まれた時もぬりますよ。

このマムシ酒という代物。ちょっと臭いんですがね。

停電で思ったこと

今朝雨が降る中、5時45分頃ころ、停電しました。

山で生活していると停電することはよくあり、電気が突然消えることには慣れており、しばらくすると復旧してました。

ところが今日は1時間たっても真っ暗、停電したまま真っ暗。1キロほど離れた隣のじいさんに連絡したら停電してました。とりあえず、うちとこだけでないので安心しました。

気を取り戻して、日本蜜蜂の蜜蝋で作った自家製ろうそくが活躍。電気よりろうそくの灯りが和みますね。香りも良いです。

田舎はよく停電します。人口が少ないから町なみに十分な設備がととのっていないのか・・・・・。マイノリティは常に苦労するのかな。今回は停電してから復旧まで5時間半かかり、一部の地域200戸の停電でした。

雨は降っているし朝から何もできない自分がいました。

停電することによって電気がこれだけ実生活にくみこまれていることが再確認できました。そこで、ふっと思った。目に見えるものだけを信じて物事を考えると駄目だな。

目に見えないものが実生活にこれほど大きく貢献していたことにびっくりした朝でした。

電気が復旧した後、明日町へ販売に行く商品の準備を始めました。