ブロッコリー豊作

ブロッコリーをメインにして何の料理を作ろうかなっとアレコレ考えてみました。

いつもはブロッコリーを湯がいてそのままマヨネーズやドレッシングで食べる。

ブロッコリーでアイスクリームを作ったことはありますが、今は毎日氷点下で寒いので作りたくないしメイン料理じゃないし。

今回はブロッコリーのメイン料理を作りたいので真剣に考えました。

そのときハッと気がつきました。ブロッコリーはどんな料理にもメインではなく脇役ではないでしょうか。

ブロッコリーをちょっと添えると煮物やサラダを引き立てます。メインじゃなく常に脇役。

そこでまたまた考えた!

ブロッコリーって私と同じだわ。メインじゃなくて脇役(笑)

ブロッコリーも私も持って生まれたものですからどうしようもないですね。名脇役ですよ~

そのように物事を考えるようにすると楽しくなります。

ブロッコリーが愛おしいですね~

ブロッコリーは茎のほうが栄養価は高いそうで、茎の自然の甘さと食感も楽しめます。

ブロッコリーは捨てるところがありません。

ブロッコリーがなければ料理が引き立たないし、ブロッコリーのような人がいなくてはこの世に名を残す人も出てこない。

もっとブロッコリーに感謝しよう~

そうそう、ブロッコリーが花が咲いたら食べれないし、ブロッコリーは花が咲いたら捨てられちゃうね。誰も食べないし、花が咲いたら終わりだもんね~

私は未だ花は咲いてないし、花が咲いた時点で私の人生も終わるんだろうね(笑)

今日はブロッコリーから色んな気づきがありました。ありがとうございました。

 

台風21号すごかった!

台風21号はすごかった。

2018年9月4日午後12時頃に徳島県南部に上陸しました。

非常に強い勢力のまま上陸するのは1993年台風13号以来25年ぶり。

猛烈な風により被害が相次ぎ、屋根や看板が吹き飛ばされたり、学校の体育倉庫がバラバラになったり、強風により駐車場の砂利が飛んで車のフロントガラスが割れてしまったり、大きなトラックがひっくりかえったりという被害を聞きました。

山間部であるうちのところの被害は、なみ板トタンが強風で飛んだり、台風の吹き返しの突風でドアが壊れたり、設置してある蜜蜂の箱がぶっ飛んだり、桃の大木が根から倒れたりしました。幸いにも怪我をすることなかったので良かったです。

午前11時に停電して午後12時に上陸、午後3時には台風の風が北の風に変わってふきかえしがあり、台風は去っていきました。

山間部の停電はよく起こるので、少し慣れっこになっていますが、慣れてしまうのもあまりよくないですね(笑)。今回は7時間の停電でした。晩御飯の支度には間に合いましたので有難かったです。

 

台風が去った後、今までにない被害を受けているのに驚きました。

トタンの一部が飛んで空が見える。

 

ありゃ~桃の木が根っこからドーンと倒れました。これは人力ではもとに戻すことは不可能。どうしょう~

 

明日は、街で販売があるのでどうしても下山しなくてはならないので台風が去った後、夕方に道の点検に行きました。

谷は増水し、ゴォーゴォー、濁流!こわっ!

 

やはり、道の真ん中には枯れた松の木が倒れてきてました。

 

強風で杉葉や杉の枝の堆積が過去最高でした。車の底にひっかかるため除けるのにも大変でした。

 

これも凄かった~

あら~通れない。木が倒れてきてチェーンソーでカットしながら人力で木や枝を除けました。

山椒の木もまぎれこんでいたのでトゲがささり痛い思いをしながら何とか道の横へ木をのけることができ車が通れるようになりました。山間部は自分たちで出来ることはしなくては前には進みません。厳しい現実です。

 

自然は昔みたいに優しくないような気がします。9月にこんな勢力の強い台風や竜巻、命に関わるような猛暑も昔は無かったような強烈なやつがやってきます。

災害がおこると地球の生命を実感する。地球がおこっているのかなって考えさせられました。

災害は避けることは出来ませんが災害に対する防災対策を考えなくてはね。

 

鹿の被害が深刻だぁ❗

田舎暮らしの中でも獣害が深刻な被害をおこしてます。主にシカ、イノシシ、サル。他にもテン、イタチ、ハクビシン、野うさぎなどなど。

鹿

鹿も見かたによってはかわいいですよね。

生き物のウサギや鹿の天敵であるオオカミが絶滅してしまったことによる人災。

我が家では、現在、鹿の被害に悩まされています。

対策として毎日、ラジオをつけっぱなしにしたり、ボランティアさんと網をはったり、空き缶風車を作ってぶらさげてみたりしましたが、どれも最初は効果はありましたがそのうち慣れてしまい効果はなくなりました。

 

鹿

ボランティアさんと鹿のけもの道を探しながらのネットはり

 

鹿

空き缶風車を作ってギボウシの近くにぶらさげましたが、最初は効果がありましたが、空き缶風車が鹿にとって危害を加えないことを学習したら効果なし。

 

草食動物である鹿は非常に多くの種類の植物を食べあさり、穀物、野菜、果物、あらゆる農作物を食害します。

過疎化が進む田舎にとって深刻な問題!

昨夜も鹿がキュンキュンと威嚇しながら鳴いていました。本来鹿は夜行性ですが、昼間でもウロウロしてます。

ギボウシ、紫陽花の葉、ウド、山野草、もみじ、野菜の苗や新芽、すだちやみかんの葉の新芽を食べあさる鹿たち!

但し、トリカブトの葉は避けて食べません。毒があるのはわかるのでしょうね。

 

鹿

本来の姿のぎぼうし

 

鹿

ギボウシの葉、見事に食べられました。美味しかったのでしょうか。

 

かりんやビワの樹木の樹皮を剥ぎ取り、鹿の樹皮食いにより傷つけられた木はやがて枯れてしまいました。

鹿

かりんの樹皮を剥ぎ取られてます。

 

鹿

鹿たちの背丈の届く位置のもみじの葉っぱだけ食べてました。

 

個人ではもう打つ手はありません。農作物の被害で収入にも影響が出てきてます。このままいけば鹿に生活の場を奪われることになります。

日本オオカミがいたころ、こんな被害はなかっただろうなぁ~

 

山間部で犬がマムシに噛まれた場合の対処方法

蒸し暑い時期にジメジメした杉林や藪の中へ入るとマムシにバッタリ遭遇したり、林道を走っていると道の真ん中にどくろを巻いたマムシに出会うこともあります。
マムシもこちらが攻撃しないかぎりすっと逃げていきます。

マムシ
先日近所の犬がマムシに顔をかまれてボテ腫れになっているのでどうしたら良いのかと飼い主のおばあさんから連絡がありました。
慌てて犬を見に行くと顔が腫れあがりアンパンマンのようにまん丸になってました。
山間部では犬がマムシに噛まれても近くに動物病院もありません。

どういうふうに対応したら良いのか?

幸いに丁度動物の専門家の方がおいでてくれたので教えてもらいました。

お話によりますと、顔面や脚をかまれたりしたり、よっぽどの小型犬でない限りさほど命には別状はない。とりあえず毒をしぼりだして冷やしながら水を飲ます。血清はうたなくても死なないそうです。かまれたところが化膿しないように化膿止めの塗り薬を塗るくらいのものです。五日か六日後には腫れもひいて、噛まれたところは穴が開いているそうです。

動物は人間と違って毒に強いんだなって思いました。

人間も動物もマムシにかまれて死ぬ場合とスズメバチに刺されて死ぬ場合とでは、はるかにスズメバチのほうが多いそうです。
動物はマムシにかまれても命には別状は無いですが見たことないぐらい腫れるので、飼い主さんは、ボテ腫れになっている顔をみると死ぬんじゃないのかと慌てる方が多いそうです。気になる方は動物病院へ行って対処してください。

今回は山間部で動物病院もなく交通手段もないところで飼い犬がマムシに噛まれたときの対処の方法を教えてもらいました。勉強になりました。

私はマムシ酒は飲まないけど、4~5年前に近くのお爺さんが作ったマムシ酒を今でも外用薬として重宝してます。

マムシ

私は過去に蜜蜂に刺されたとき蜂の針をとってから、毒を搾り出した後にマムシ酒をコットンにふくませて刺された患部にはりつけておくと、腫れませんでした。

蜜蜂に刺されたときは毎回マムシ酒をぬっていまぁす。アブや毒虫に噛まれた時もぬりますよ。

このマムシ酒という代物。ちょっと臭いんですがね。

停電で思ったこと

今朝雨が降る中、5時45分頃ころ、停電しました。

山で生活していると停電することはよくあり、電気が突然消えることには慣れており、しばらくすると復旧してました。

ところが今日は1時間たっても真っ暗、停電したまま真っ暗。1キロほど離れた隣のじいさんに連絡したら停電してました。とりあえず、うちとこだけでないので安心しました。

気を取り戻して、日本蜜蜂の蜜蝋で作った自家製ろうそくが活躍。電気よりろうそくの灯りが和みますね。香りも良いです。

田舎はよく停電します。人口が少ないから町なみに十分な設備がととのっていないのか・・・・・。マイノリティは常に苦労するのかな。今回は停電してから復旧まで5時間半かかり、一部の地域200戸の停電でした。

雨は降っているし朝から何もできない自分がいました。

停電することによって電気がこれだけ実生活にくみこまれていることが再確認できました。そこで、ふっと思った。目に見えるものだけを信じて物事を考えると駄目だな。

目に見えないものが実生活にこれほど大きく貢献していたことにびっくりした朝でした。

電気が復旧した後、明日町へ販売に行く商品の準備を始めました。

アリジゴク ウスバカゲロウの幼虫

昔は神社やお寺の縁の下の乾いたところにアリジゴクが沢山いました。最近は神社やお寺で遊ばなくなった為、知らない人も多いようです。

 

軒下の雨がかからない乾燥したところでは一年中アリジゴクのすり鉢状の巣は見かけますが、空き家のときもあります。今日はすり鉢状の巣をほじくってみるとウスバカゲロウの幼虫を見つけました。

 

アリジゴクを手のひらにのせてみると死んだふりをしてましたが、しばらくすると動き出しました。

 

アリジゴクの餌、捕獲
アリジゴクの小さな体でどのように餌を捕獲するのでしょうか?
蟻が巣穴へすべり落ちるところを見つけました。蟻は巣穴底へとずり落ちると砂をかけられアリジゴクに捕らえられました。

近所のお爺さんから聞いた話ですが、
アリジゴクは小さな体で大アゴのとがった先を獲物に刺し毒を注入するそうです。但し、これは昆虫などの節足動物に対する毒性なので人にもそれだけ作用するわけではありません。確かに捕まえて手のひらにアリジゴクをおいたとき、大アゴを閉じたり開いたりしてましたが痛くもかゆくもありませんでした。アリジゴクの毒は自ら生産しているのではなくアリジゴクの体内に住むバクテリアが作りだしたものだそうです。

生き物は不思議ですね。

今日はアリジゴクと遊びました。

山椒の実

日本最古の香辛料、山椒
うなぎ料理や七味唐辛子でおなじみの山椒
独特の清涼感とくせになる山椒

山椒の枝にはとげがあり、4月から5月に黄色い小さな花を咲かせます。この時期は新芽は木の芽和えにしたり、天ぷらにしたりもしてます。

山椒の実ができたら山椒しょうゆにしたり、ちりめん山椒を作ったり、山椒の実の佃煮にしたりします。

今日はちりめん山椒を作りました。

まずは山椒の実はアクもあるので下処理をしてから調理します。

山椒の実の下処理
水と塩少々と山椒の実を入れて沸騰させます。沸騰後、弱火で五分煮る。
ざるに打ち上げて2~3時間水にさらしてざるにうちあげます。
茹で上がってから水にさらす時間の長さで山椒の辛味が変わってきます。
辛味の好きな方は30分程度、苦手な方は一晩水にさらしてもよいです。

 

下処理をした実山椒でとっても簡単ちりめん山椒を作りました。
ちりめん約70~80グラム
実山椒    大さじ3
しょうゆ    大さじ1と二分の一
みりん  大さじ1
砂糖    大さじ約二分の一

 

調味料を合わせて火にかけます
沸いたら火を弱めてちりめんじゃこ入れ炊きます
実山椒を加え煮汁がなくなるまで煮詰めれば完成
とっても簡単です。

ついつい実山椒をたくさん入れてしまいピリピリ佃煮になりました(笑)

 

先日、実山椒を街に販売に行ったときご購入のお客さんに作り方の説明をさせてもらいましたが後日「上手に美味しくできたよ」とおっしゃって、また買いにきてくれたリピーターさんが数人おいでました。とっても嬉しかったです。

 

山椒しょうゆと冷奴


下処理した実山椒を醤油につけこむだけのとっても簡単な山椒しょうゆ
冷奴にとっても合いますよ。お醤油はお刺身につけても美味しいです。

 

子供の頃、お年寄りが言っていたことを思い出しました。
山椒の葉や実をすりつぶして小さな池にいれたら魚のえらが麻痺して酔ったようになり、フラフラして浮いてくるから絶対やっちゃだめですよって言ってたなぁ~

 

山椒には舌などの感覚を麻痺させる作用があるみたいですね。
ちりめん山椒はご飯がすすみますね。

自然の恵み頂きました。

山の栗、海の栗

今日は地元の人しか知らない川の河口へ潮干狩りに行って来ました。

いつも山の中で生活していますが、久しぶりの潮風!海!海は開放感がありますね。

今回はハマグリ採取!川の河口のぬまちにハマグリはいます。

海の栗

ただひとり、もくもくと砂をかきました。頭を空っぽにしてひたすらもくもくと掘っていく。気がつくと何をしているのかと思う事も・・・・・無念無双で砂を掘るわたし。

ところが、クワの先に「コツン」と貝の手ごたえを感じたとき一気に頭がこの世に帰ってきた感じになりました!あのハマグリを見つけたときはテンションもあがり、感動と嬉しさは格別!

海の栗、拾いました~その後再び無念無双で砂をかきました。

カニさん発見!

海の栗

 

ところでなんでハマグリって言うか知ってますか?

漢字で書いたら『浜栗』って書いて、ハマグリの形が栗に似ているし浜辺に生息しているからと教えてもらいました。

更に調べてみるとハマグリは日本書紀にも記述が見られるように古くから食糧とされていたらしいです。

本日の収穫 『海の栗』

海の栗

採ったハマグリはお吸い物でいただきました。あさりとは違った上品なうまみもあり、大きいから食べ応えがありました。

今日も自然の恵み『海の栗』いただきました。

秋には山の栗を拾いに行こう!お猿さんに見つけられる前に拾わなくてはね。

うぬぼれ

ある集まりでうぬぼれについて雑談しました。

あるひとりの年配の方が反省しない人は人間的に成長しないと言った。うぬぼれると何事にも失敗するからうぬぼれないように常に心がけているという人もいた。

ところが、私にはうぬぼれるという言葉は知っているけど、恥ずかしながらこの歳になってもうぬぼれと言う言葉の意味が理解出来なかった。

自分なりにどうしたら理解できるか考えてみた。

ん・・・・・・分かった!私にはうぬぼれるだけの能力、特技もない。うぬぼれるもとになる能力がないのだと言われてハッと気がついた。

過去を振り返ってみてもうぬぼれで失敗することはなかったと思う。運動神経はあまりよくないし、かといって勉強が特別できるわけでもないし、容姿は自分では並と思っているだけ、他人は・・・・・・です。

身近な人は私のことを天然と言っている。うぬぼれで真剣に悩んだことはないし、自然の中で毎日田舎暮らししながらマイペースで充実して楽しいです。

あなたの周りにもいませんか?天然な人たち。

私の場合、

立てばどくだみ 座ればハコベ 歩く姿はイヌタデの花

って感じがする(笑)

 

今どくだみの花が咲いています。

うぬぼれ

 

どくだみの花だけを摘んでホワイトリカー35度に漬け込みました。

年配の人に教えてもらったのですが虫刺されや化粧水になるそうです。欲を張ってどくだみの花をたっぷり瓶に詰め込みました(笑)

うぬぼれ

 

どくだみの葉は干して乾燥させてお茶にします。

うぬぼれ

 

ひとつ分かったこと。うぬぼれは自信ではない。うぬぼれは偽りの自信かな。